トップページ > セミナー情報 > 大阪カーボンカンファレンス2018

大阪カーボンカンファレンス2018

~COP24の結果:パリ協定の実施ルールの内容と影響~

大阪JCMネットワークでは、2018年12月3日~15日にポーランド・カドヴィツェで開催されました気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の結果について、関西の企業等に生の最新情報を提供するため、2019年1月8日に「大阪カーボンカンファレンス2018」を開催しました。
COP24の出席者らから、パリ協定実施ルールに関する交渉や結果、その実施ルールが日本や他の国にもたらす影響、JCMの取組みの今後の展望などについて、具体的な事例を交えながら紹介されました。また会場からの質問に対して、今後の方向性やとるべき対応策について、活発な議論がなされました。

dscf6072
拡大

講演「JCM事業の実例:セメント廃熱回収発電・廃棄物焼却発電」

dscf6060
拡大

Q/Aセッション

日時 平成31年1月8日(火)13:30~16:30
場所 國民會館住友生命ビル12階 武藤記念ホール大会議室 (〒540-0008 大阪市中央区大手前二丁目1番2号)
主催 大阪JCMネットワーク
後援 (公財)オイスカ関西支部、大阪市、(公財)大阪市都市型産業振興センター、大阪商工会議所、大阪府、環境省 近畿地方環境事務所、(公社)関西経済連合会(五十音順)
問合せ先 (公財)地球環境センター 気候変動対策課
TEL:06-6915-4122
プログラム (敬称略)
開会挨拶
(公財)地球環境センター 理事長 鈴木 直
基調講演

COP24の結果と今後の課題―脱炭素化をめざす世界の最新動向

東京大学 サステイナビリティ学研究連携機構 教授 高村 ゆかり
講演

COP24の結果と今後の気候変動政策

環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策担当参事官室 参事官補佐 堤 達平
講演

COP24における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組

環境省 地球環境局 市場メカニズム室 国際企画官 小圷 一久
Q/Aセッション
第二部 JCMにおける設備補助事業の実績・実例紹介
講演

JCM支援事業(補助金制度)の利用実績

(公財)地球環境センター 気候変動対策課長 松田 直子
講演

JCM事業の実例:セメント廃熱回収発電・廃棄物焼却発電

JFEエンジニアリング(株) 海外管理部 部長 高橋 元
閉会

セミナー情報一覧に戻る

温暖化対策事業を考える 大阪JCMネットワーク会員募集中

大阪JCMネットワークの会員には、CDMプロジェクトの組成や、CER・ERUの売買などのお手伝いができる企業が参加しています。

ページトップ