トップページ > セミナー情報 > 大阪カーボンカンファレンス2017

大阪カーボンカンファレンス2017

~COP23の結果(パリ協定の制度づくりの状況)、及び日本の温暖化対策戦略~

大阪JCMネットワークは、2017年11月6日~17日にドイツ・ボンで開催される国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)の結果、またパリ協定発効後の世界の潮流、国内外の地球温暖化対策、二国間クレジット制度(JCM)の取組みについて、関西の皆様にいち早く最新情報を提供する「大阪カーボンカンファレンス2017」を開催します。
第一部では、COP23の出席者が会議の結果を報告し、パリ協定実施のためのルール作りの状況や世界の動向、国内政策、実施段階にあるJCMの更なる展開について、今後の方向性と、とるべき対応策について講演致します。
第二部では、実際のJCMの取組みに焦点を当て、JCM設備補助事業の利用状況と同事業の実例を紹介します。

OCC2016

大阪カーボンカンファレンス2016

日時 2017年12月4日(月) 13:00~16:15
場所 大阪歴史博物館 4階講堂 (大阪市中央区大手前4丁目1-32)
地図 http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/access.html
主催 大阪JCMネットワーク
後援 (公財)オイスカ関西支部、大阪市、(公財)大阪市都市型産業振興センター、大阪商工会議所、大阪府、環境省 近畿地方環境事務所、(公社)関西経済連合会(五十音順)
定員 250名(事前申込制)
参加費 無料
申込先 大阪JCMネットワーク事務局(地球環境センター内)
E-mail:o-jcm@gec.jp
FAX:06-6915-0181
(申込締切:12月1日(金))
(定員(250名)になり次第、受付を終了させていただきます。)
※お申込いただいた際に収集した個人情報は、本イベントに関する事務連絡及び翌年度の同イベントの案内送付にのみ使用し、他の目的には一切使用しません。
問合せ先 (公財)地球環境センター 気候変動対策課
TEL:06-6915-4122
E-mail:o-jcm@gec.jp
参加申込方法

ホームページ上の申込フォームまたはFAXにて、氏名、所属先、連絡先(電話番号及びEメールアドレス)をご記入の上、お申込みいただき、当日会場にお越し下さい。

参加証・登録証は発行いたしません。

尚、当日の講演資料は、12月1日(金)までに、大阪JCMネットワークホームページに掲載し、会場での配布は致しません。お手数ですが、皆様各自で、下記ホームページよりダウンロードしてご持参頂くようお願い申し上げます。

※お申込いただいた際に収集した個人情報は、本イベントに関する事務連絡及び翌年度の同イベントの案内送付にのみ使用し、他の目的には一切使用しません。

開催案内リーフレット

プログラム (予定) (敬称略)
第一部
国際交渉の最新動向と日本の温暖化対策
13:00~13:05
開催挨拶
大阪JCMネットワーク 世話役<(公財)地球環境センター 専務理事>
13:05 ~13:50
基調講演「COP23の結果と今後の気候変動交渉の展望」

高村 ゆかり(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)
13:50 ~14:15
講演「COP23の結果と今後の気候変動政策」

寺岡 裕介(環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策担当参事官室 主査) 
14:15 ~14:40
講演「COP23における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組」

鳥居 直樹(環境省 地球環境局 市場メカニズム室  係長)
14:40 ~15:00
Q&A セッション
15:00 ~15:15
休憩
第二部
JCMにおける設備補助事業の実績・実例紹介
15:15 ~15:35
講演「JCM支援事業(補助金制度)の利用実績」

菅 邦弘((公財)地球環境センター気候変動対策課長)
15:35 ~15:55
講演「JCM事業の実例:太陽光発電システムの導入」

佐藤 立哉
(シャープ(株)エネルギーソリューション事業本部 エンジニアリング事業センター 統轄部長 )
15:55 ~16:15
講演「JCM事業の実例:高効率貫流ボイラー設備の導入」

長谷川 雅致(住友ゴム工業(株)設備技術部 動力グループ統括課長)
16:15
閉会

セミナー情報一覧に戻る

温暖化対策事業を考える 大阪JCMネットワーク会員募集中

大阪JCMネットワークの会員には、CDMプロジェクトの組成や、CER・ERUの売買などのお手伝いができる企業が参加しています。

ページトップ