トップページ > セミナー情報 > 大阪カーボンカンファレンス2019

大阪カーボンカンファレンス2019

~COP25の結果:
  本格始動するパリ協定、市場メカニズムの交渉経緯~

大阪JCMネットワークでは、2019年12月にスペイン・マドリードで開催されましたCOP25の結果について、関西の企業等に生の最新情報を提供するため、2020年1月17日に「大阪カーボンカンファレンス2019」を開催しました(参加者数93名)。
今回、大幅に会期が延長された気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)の結果について、会議の出席者らによる交渉経緯等の報告とともに、パリ協定の本格始動に向けた交渉の結果、それが日本や他の国にもたらす影響、またJCMの取組みの今後の展望などについて、具体的な事例を交えながら議論されました。

p1150436
拡大

基調講演「COP25の結果と世界の動き」
(東京大学 高村ゆかり氏) 

p1150503
拡大

事例紹介「フィリピン離島向けEVバイクによる風力発電余剰電力活用システムの開発」(イノベーション創出事業)(株)駒井ハルテック

日時 2020年1月17日(金)13:00~16:30
場所 大阪歴史博物館 4階講堂 (〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32)
主催 大阪JCMネットワーク
共催 (公財)地球環境センター
後援 (公財)オイスカ関西支部、(公財)大阪産業局、大阪市、大阪商工会議所、大阪府、環境省近畿地方環境事務所、(公社)関西経済連合会(五十音順)
問合せ先 (公財)地球環境センター 気候変動対策課
TEL:06-6915-4122
プログラム (敬称略)
第一部 
国際交渉の最新動向や日本の温暖化対策
13:00 ~13:10
開会挨拶 
(公財)地球環境センター 理事長 鈴木 直
13:10~14:00
COP25の結果と世界の動き

東京大学 未来ビジョン研究センター 教授 高村 ゆかり
14:00~14:30
COP25の結果と今後の気候変動政策

環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策担当参事官室 岡野 泰士
14:30~15:00
COP25における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組

環境省 地球環境局 市場メカニズム室 永森 一暢
15:00~15:30
Q&A セッション
15:30~16:45
休 憩
第二部
JCM拡大に向けた取組事例の紹介
15:45~16:00
ビジネスマッチング支援プラットフォーム“JCM Global Match”について

(公財)地球環境センター 東京事事務所 青山 ななこ
16:00~16:30
フィリピン離島向けEVバイクによる風力発電余剰電力活用システムの開発(イノベーション創出事業)

(株)駒井ハルテック インフラ環境事業部 企画マネージャー 豊田 玲子
16:30
閉 会

セミナー情報一覧に戻る

温暖化対策事業を考える 大阪JCMネットワーク会員募集中

大阪JCMネットワークの会員には、CDMプロジェクトの組成や、CER・ERUの売買などのお手伝いができる企業が参加しています。

ページトップ