JCM制度

JCMのスキーム

  • ・JCMに関するルール、ガイドライン、MRV方法論の策定及び改定等は、全て日本とパートナー国の両国政府関係者から構成される合同委員会(JC)で協議され、決定します。
  • ・合同委員会は、第三者機関により妥当性確認が実施されたJCMプロジェクトの登録について決定します。
  • ・合同委員会からのクレジット発行通知に基づき、両国政府は通知された量のクレジットを発行します。

JCMのスキーム

JCMとCDMのプロジェクトサイクル

JCMでは、簡易なMRV方法論を策定することで、事業者によるGHG削減量のモニタリングの負担をできる限り軽減することに配慮しています。

JCMとCDMのプロジェクトサイクル

ページトップ