風車の丘

2017.04.18
%e9%b6%b4%e8%a6%8b%e7%b7%91%e5%9c%b0%e4%be%bf%e3%82%8a-no2-rev3

花咲く季節である。写真は「風車の丘」にあるチューリップ畑である。赤と黄のコントラストが美しい。

地球環境センターは鶴見緑地公園の東南の端っこにあるが、昼休みには公園内を散策することがある。

今日は暖かく晴天となり、多くの人が訪れ写真を撮っている。この丘が一年で一番絵になる時である。

この丘は鶴見新山の一角で、 鶴見新山は大阪市内で一番標高が高い(約38m程度)。(因みに一番低いのが天保山、約4.5m。)

4月20日から平成29年度「途上国向け低炭素技術イノベーション創出事業」の公募が開始される。(締め切りは5月25日正午)。

言わずもがな、鶴見新山はゴミと建設残土で築かれた山で、今は緑に覆われ市民の憩いの場となっている。これも都市計画のイノベーションと言えるかもしれない。

ページトップ