トップページ > 鶴見緑地便り > ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

2017.04.08
%e9%b6%b4%e8%a6%8b%e7%b7%91%e5%9c%b0%e4%be%bf%e3%82%8a20170408

いよいよ新年度がスタートし、フレッシュな新入社員や学生でどこか晴れやかである。

写真は、拙宅のある奈良県桜井市の住宅団地外縁道路脇のソメイヨシノ。(因みに市の木は「杉」で、市の花は「山ざくら」である。)

25年前に植えた高さ2mほどの若木が、今は幹周り1.5~2mもある成木となり、毎年この時期になると我々の目を楽しませてくれている。ソメイヨシノの成長は早いが、ここは、東側が谷で日も良くあたり、風通しも良く、道路脇の僅かな平地を住民が畑として肥料を遣り、水も遣りと申し分ない生育環境で、よけい成長が早いと思われる。

今年は桜の開花が遅く例年より1週間は遅いようであるが、花の蜜や虫を求めて野鳥も飛び交い、生命の躍動を感じる季節となった。

4月7日からH29年度のJCM設備補助の公募が始まっている。(締め切りは5月15日正午)。

大きくなった桜は沢山のCO2を吸収してくれたが、大きなCO2排出削減量が見込まれる案件の応募を多く期待したい。

ページトップ