トップページ > 運営者情報

運営者情報

 近年、日本は開発途上国と二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)を構築し、温暖化対策に取り組んでいます。日本政府により様々なJCM事業への施策が展開されており、2015年(平成27年)10月末現在、15カ国がJCMパートナー国となり、7件がJCMプロジェクト登録されています。
 本ネットワークは、海外での温暖化対策事業の展開を図るJCMなどに興味を持つ団体が学識経験者、行政、公益法人等とネットワークを作り、その理解を深めるとともに、実践的な活動の場とすることを目的としています。
 具体的な活動としては、会員に限定した「研究会・勉強会」、会員以外にも公開の「大阪カーボンカンファレンス」(国際会議(COP)の結果と日本の温暖化対策戦略に関する講演会)を開催し、会員団体がJCMをはじめとする温暖化対策ビジネスに対する関心を高め、理解を深めるとともに、具体的なプロジェクトの開拓や新たなビジネスチャンスの拡大を図ることを目指しています。

「大阪JCMネットワーク」への名称変更について

 (公財)地球環境センター(GEC)は、CDM/JI事業調査の経験を生かし、(公財)オイスカ関西支部、(公財)大阪市都市型産業振興センターとともに地球温暖化対策事業の一環として2004年(平成16年)2月に「大阪CDMネットワーク」を設立しました。
 近年、日本政府により様々なJCM事業への施策が展開されており、このような動向を踏まえ、活動内容はJCMを中心とし、「大阪CDMネットワーク」は、平成27年6月29日から、「大阪JCMネットワーク」へ名称を変更しました。
 「大阪JCMネットワーク」は、JCM支援事業(調査/資金支援等)に知見を有するGECが世話役として運営にかかる事務管理を行います。

お申し込み・問い合わせ

年会費

  • ・本会員(法人):30,000円
  • ・賛助会員(20歳以上の個人):10,000円(学生は5,000円)

お問い合わせ・お申し込み、詳しい内容については、下記の事務局までお問い合わせください。
また入会をご希望される方は、入会案内のページへお進みください。

ページトップ